慢性症状の改善・体質改善・美容・予防治療に効果があります。

1. 鍼は痛くないかの説明
説明1
鍼灸治療に対して、鍼は痛くないか、お灸は熱くないか・・・という不安をお持ちの方も多いので、まずどのような鍼を使用して治療していくか、具体的に説明します。
お灸は痕の付かない温灸で、とても心地良い温かさです。
2. 痛みの意味を説明
説明2
頭痛、腰痛、坐骨神経痛、喘息、腱鞘炎というように、患者さんは病名を診断されて来院されますが、患者さんの病名を鍼灸医学的に説明し、痛みの意味や病気の原因と治療の方法を説明します。
3. 問診
説明3
長年にわたり、患っている患者さんの場合、これまでの病気の治療経過をよくお聞きします。
あまり詳しくお話いただかなくても、特別な難病などではない限り、脈診により的確な診断が可能です。
4. 切診(触診)
説明4
直接皮膚に触れ、ツボの反応や経絡の気の巡りを診断していくものです。
※皮膚を傷つけるものではありません。
5. 脈診・腹診
説明5
経絡を流れている気の巡りを感知する箇所が両手の「橈骨(とうこつ)動脈」です。
※脈診と腹診より治療点となるツボが決まります。
6. 治療方針を説明
説明6
診断結果をもとに、患者さんの体質的な特徴をよく説明しながら、今回の痛みと病気が意味するものは何か、また体がどのような調整を要求しているのか解説します。
7. 患者さんに合わせた治療
説明7
治療中は常に脈を診ながら、脈の変化に対応して治療していきます。
同じ症状でも、それぞれの体質と病気に至った経緯はさまざまなので、鍼をするツボと温灸をする部位は異なります。
8. 予後
説明8
最後に脈診により、脈が整った事と症状の改善を確認して治療を終了します。病気の予後について説明します。また注意事項として、食生活と生活全般にわたって指導します。
9. 今後の指導
説明9
治療に一貫していることは、言葉や態度は元より、いたわる気持ちを以って、出来るだけ親切に接することを心がけています。また、よくなるために役立つことは出来るだけ指導します。

こんな症状にお悩みの方は、ぜひご相談ください!

頭痛・肩こり・腰痛・神経痛・膝痛・四十肩・五十肩・顎関節症・腱鞘炎・耳鳴・めまい・眼精疲労・糖尿病・肝臓疾患・逆流性食道炎・慢性下痢・便秘症・自律神経失調症・不眠症・膀胱炎・更年期障害・冷え性・肌荒れ・花粉症・アレルギー体質・虚弱体質・鬱病・生理痛・生理不順・無月経・不妊症・逆子・小児の夜泣き・かんのむし など

治療院案内

診療時間
9:00~11:30
13:00~17:30

● 14:00~18:30/- 休診日

ご予約・お問い合わせ

045-561-2856

page top