診断方法と治療の特徴

私共では、鍼灸医学独特の診断方法である脈診と腹診を駆使して、痛みを感じない鍼治療と体の深部まで温かくなる、しかも痕の付かない温灸治療により、赤ちゃんからお年寄りまで、幅広い年代の患者様の症状を治療して効果を上げています。

 

鍼灸医学ならではの診断方法

DIAGNOSIS METHOD

患者様の「この症状はどこからきているの?」「何回ぐらい治療したらよくなるの?」という疑問に、的確に答えられる診断方法を取り入れています。中でも重要な診断方法は、両手の橈骨動脈を診る「脈診」と腹部の「腹診」です。

* 「脈診」では経絡を巡る気の流れを捉えて、臓腑経絡の関係が脈に反映されている様子を診断します。

* 「腹診」では全身を巡る気血の流れと女性では血の道の滞りを診断します。積(しゃく)・聚(じゅう)という血気の滞りによる塊や圧痛が腹部に現れます。

脈診と腹診の結果、患者様の詳細な体質や現在の症状に至るまでの経過、そして症状の根本的な原因と患者様の性格や性質、味の好みまでも診断することが可能です。

私の鍼灸治療は脈診に始まり、脈診で終わります。すなわち、痛みの場合は痛みの脈を確認し、鍼灸治療により脈の変化を捉えながら身体を整えていきます。最後に痛みの脈が改善されたのを確認して治療を終えます。ですから、私の鍼灸治療は画一的な内容と時間に拘束されるものではなく、脈診によって鍼灸治療の内容と時間が決まります。この点、治療の内容と施術時間で料金が決められている鍼灸治療やマッサージ、整体とは一線を画しています。

* 私共の鍼灸治療は慰安ではなく、医療です。

【診断して即、鍼灸治療!】

悪化する時間を与えず、最短時間で完治する。

CUREFULLY IN THE SHORTEST TIME

鍼 覚王院 シャローム治療室の鍼灸治療は、

今ある症状を速やかに、肉体的・精神的な苦痛から

解放してあげること。早期完治を目標にしています。

病院では痛みの場合、痛みを軽減、もしくは鎮静するための治療行為よりも、検査が優先されます。行きと帰りで痛みに変化が見られないという経験は、多くの患者様の知るところです。勿論、必要な諸検査はとても大切な治療行為ですが、検査の結果が判明するまでの間とて、患者様にとっては少しでも早く、痛みや不快な気分から解放されたいわけです。

私共の鍼灸治療の特徴は、【診断、即治療】です。

診断したら、その場で自然治癒力を引き上げ、体の悪い環境をいち早く元の状態に戻すことが可能です。鍼灸治療は治すという表現よりも、元に戻す、すなわち正常な軌道から外れた体の働きをリセットするための修復作業と説明した方が正しいと言えるでしょう。これは毎日の睡眠の中で行われている私達の体の自然修復の働きが、鍼灸治療によって促進されると解釈すれば、理解していただけると思います。

鍼灸治療は、今の苦痛から副作用もなく、根本的に、しかも迅速に解放してあげられる治療行為です。

鍼灸医学の診断の特徴は、【痛みなどの症状】の意味を説明することが可能です。実際の痛みというのは打撲・捻挫・骨折などの外傷以外、患部には問題がないものです。しかし、昔から背骨が曲がっているにも拘わらず、検査で椎間板ヘルニアと診断されてしまうと、本来は痛みの原因ではない椎間板ヘルニアの治療をされてしまいます。そもそも解剖図のような骨格の人はいませんから、骨格や関節に多少の変形があったとしても、外傷でなければ、痛みは原因が他にあることを教えるセンサーの役目をしていると診断されるべきです。現代医学は、痛みの箇所に原因を見つけようとして失敗しています。痛みは体の異常を知らせるセンサーに過ぎません。

【痛み】は打撲などの外傷を除き、体のブレーキの役割を果たしていると説明できます。

スピードオーバーして生活している人が、心筋梗塞や脳梗塞などを患う前に、痛みや発熱という警告ブザーが鳴るのはとても有難いと思わなければなりません。警告ブザーがうるさいと言って、警告ブザーを外してしまうのはとても危険なことです。昔、扁桃腺が度々腫れて、高熱を出す人達の扁桃腺を簡単に除去する手術が行われていた時期があります。しかし、本来は扁桃腺を除去してしまうことよりも、なぜ扁桃腺が度々腫れてしまうのかということを考えなくてはなりません。そして、その原因を解決すれば、扁桃腺が度々腫れることもなくなるわけです。しかし、西洋医学では、扁桃腺が腫れて高熱を出す本当の意味と原因を究明することはできません。ところが鍼灸医学では、扁桃腺は体の異常を警告するセンサーであると受け止めています。扁桃腺が腫れて高熱を出す体質の人は、心身ともに過労気味で、体内の水分の新陳代謝が悪くなっていることが多く、血液が濃くなっているところに、塩分を採り過ぎている場合が多いということです。このような人達は気分をリラックスさせることが苦手で、常に緊張状態で生活しています。寝付きが悪く、睡眠も浅いのが特徴です。扁桃腺が腫れて高熱を出すのは体の急ブレーキですから、十分に休息を取ることは当然ですが、塩分を抜くだけでも、かなり改善していくから不思議です。

勘違いしている健康知識を正し、「健康とはどういうことなのか」「病気を通して身体は何を訴えているのか」を理解していただきます。

※この理解がなければ、健康維持促進と予防、症状が速やかに改善することは難しいことを解説していきます。

予防医学としても効果が期待されています。

将来、心配される病気や症状を「脈診」によって予測し、予防治療を行うことが可能です。体質や性格、食べ物の味の好みなども、脈診によってわかります。何も問うことなく診断するので、これを【不問診断】といいます。

治療の特徴

痛みなどの症状が意味するもの

01

痛みは命を守るためのブレーキですから、痛みで、多くの人の命が救われているのも事実です。脈診により、痛みの原因と症状が訴えている意味を説明します。

痛みをほとんど感じさせない鍼治療

02

使用する鍼はすべてディスポーザブル(使い捨て)なので安心。しかし、鍼は単なる道具に過ぎません。どこのツボに鍼をするかがポイントです。脈診と腹診によりツボの組み合わせを決めて、鍼灸治療を行います。

耳鼻科・眼科の鍼治療

03

痛くないから顔に鍼をしても大丈夫。リンパの流れと血行がよくなります。花粉症・耳鳴り・突発性難聴・顔面麻痺・三叉神経痛・眼科疾患などのツボは顔にあります。

慢性的な腰痛や頭痛・肩こりが完治

04

打撲や骨折などの外傷以外の痛みは、内臓系や内分泌系、自律神経系の歪みを知らせる警告信号です。痛みは注意信号であり、体のブレーキです。その痛みがどこからきているのかを正確に診断し、的確なツボの組み合わせにより鍼灸治療を行います。慢性的な疾患とは、体が半健康状態で機能していると考えたらよいと思います。ツボ刺激は脳に信号として伝達され、全身の半健康状態がリセットされます。元のよい状態に戻るということです。これを完治と言います。

 

© 2023 by KAKUOHIN ACUPUNCTURE CLINIC